創立明治32年 百十余年の歴史を誇る小城羊羹初祖 村岡総本舗

人気商品

小城羊羹・特製切り羊羹

特製切り羊羹

味の違いについて

小倉(おぐら)
粒餡の羊羹です。
紅煉とこの小倉羊羹が特に人気がございます。

紅煉(べにねり)
高級な豆である備中産白小豆と北海道産大手亡
豆を桜色に染めた羊羹です。
やさしい味わいが特徴です。

本煉(ほんねり)
こし餡の羊羹です。
「羊羹本来の味を楽しむのは、小倉よりもこし餡」という方もいらっしゃいます。

きびざとう
通常は白双糖(ハクザラ糖)を使用していますが、きびざとうを使用することで黒糖のようなコクのある甘さの羊羹に仕上ります。

抹茶(まっちゃ)
大手亡豆(白いんげん豆)に抹茶を合わせた羊羹です。女性に特に人気です。

青えんどう
青えんどうの羊羹です。
青えんどうの粒も入っています。
庶民的なイメージのある青えんどうですが、今は価格が上がり、一本900円で販売しております。

羊羹 こだわりの素材

特製切り羊羹 商品内容

■江戸時代から続く伝統製法の羊羹です。
■羊羹の中で弊店一番人気でございます。
■外側は、砂糖のシャリ感があり、中はやわらかい。独特の食感と豊かな風味が人気です。
■こちらの羊羹は日持ちがしません。なるべくお早めにお召し上がりください。
■賞味期限
5~9月・・・製造日から13日間
10・4月・・・製造日から18日間
11~3月・・・製造日から20日間

小城羊羹
村岡総本舗 羊羹

味の特徴

切り羊嚢の味の特徴は二つあります。
一つは銀紙に包まれた密封式の羊嚢よりも煉りが控えめでやわらかく風味が良いこと、もう一つは、日が経つにつれて砂糖のシャリが増してくることです。

羊羹 糖化

伝統的な製法を守り続けています

羊羹を羊羹舟に流し込みます。
(1)羊羹を羊羹舟に流し込みます。
固まった羊羹を羊羹舟から取り出します。
(2)固まった羊羹を羊羹舟から取り出します。
羊羹を裁断します。
(3)羊羹を裁断します。
竹の皮で包みます。
(4)竹の皮で包みます。
経木で巻きます。
(5)経木で巻きます。
レッテルに載せます。
(6)レッテルに載せます。
セロハンで巻きます。
(7)セロハンで巻きます。
完成です。
(8)完成です。

※羊羹の作り方(動画)

寒天

弊店では、「角寒天」と「糸寒天」を使用しています。「糸寒天」は高級な羊羹に使われるといわれていますが、「角寒天」はさらに高い寒天です。

今ではあまり羊羹には使われなくなったといわれますが、江戸時代の文献「菓子話船橋」の羊羹はこの角寒天が使用されており、伝統的な羊羹の味わいが楽しめます。

角寒天
角寒天
糸寒天
糸寒天

伝統製法の羊羹だからお早めにお召上がり下さい。

「外側は砂糖のシャリ感があり、中はやわらかい」のが、伝統製法の羊羹の特徴です。一方、銀袋(ガゼット)に入った「流し込み羊羹」はいつまでもまわりがやわらかく、賞味期間が60日から180日間と長持ちするのが特徴です。

「伝統製法の羊羹」は冬場でも20日間しか賞味期間がございませんので、先様に御贈答になられる際には、「伝統製法の珍しい羊羹だから、日持ちがしないのでお早めにお召し上がりください。」等を言っていただけると幸いです。

また、「流し込み羊羹」も小豆はもちろんのこと寒天、製法にまでこだわっています。どちらの羊羹も自信を持っておすすめしておりますので、ご都合に合わせてお使いくださいませ。

小型小城羊羹

小型小城羊羹

小型小城羊羹 商品内容

■北海道産の小豆・大手亡豆を用い、砂糖や寒天も一切妥協することなく、その味は、お子様からお年寄りまで人気の商品です。
■手土産に大変喜んでいただいております。
■甘いものが一口欲しいという方に大好評です。

村岡総本舗 公式オンラインストア

村岡総本舗 メールマガジン