fbpx
創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

お知らせ

村岡総本舗 メルマガ

村岡総本舗だより5月号212号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆      令和元年 5月号 No.212 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 令和元年、梅にちなむ伝統菓子 新しい時代令和元年が始まります。  太宰府における1300年近く昔の大伴の旅人(太宰府長官)邸宅での宴の様子を表す 文章から「令和」が生まれたといわれます。 梅花に因む「令和」は中国古典ではなく初めて国文学から採用された元号となりました。  羊羹のふるさと小城の梅の名所「牛尾(うしのお)」はその昔若王子大権現、福長寿院別当 坊があ […]
Read More
村岡総本舗 メルマガ

村岡総本舗だより4月号211号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆         2019年 4月号 No.211 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― バナナ羊羹から生れた新商品「バナナトリオ」 平成の最後となる月、平成31年4月を迎えました。 三十年余の平成の時代は、生活水準が上昇し、さまざまな新しい菓子が生まれましたが、 今では古い素材が見直され新しい時代に即した「温故知新」「古壺新酒」の流れが起ってき ています。  昨年新発売のバナナ羊羹は有機農法のバナナの深いあじわいと村岡総本舗のバナナ羊羹 […]
Read More
アイキャッチ画像 メールマガジン

村岡総本舗だより3月号210号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆ 2019年 3月号 No.210 ――――――――――――――――――――――――――――――――― 金花糖とシュガーロード長崎街道 平成31年2月に120年を迎えた村岡総本舗の歴史の中で原料としての砂糖、砂糖を貯蔵し た砂糖蔵、砂糖蔵であった村岡総本舗羊羹資料館の存在は大なるものであります。 羊羹の三大原料、砂糖・豆・寒天のうち砂糖は江戸時代から明治期にかけて貴重な食料でありま した。長崎出島には江戸期、一の蔵といわれた砂糖蔵をはじめ四つもの砂糖蔵がありました。幕末 肥前小城藩が購入した米国帆船大木丸は400トンもの大型船で上海から一度に佐賀藩全体の三 年分といわれる六 […]
Read More
アイキャッチ画像 メールマガジン

村岡総本舗だより2019年2月号209号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆         2019年 2月号 No.209 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成31年2月、村岡総本舗は明治32年創業以来120周年を迎えます。  江戸時代 九州北西部肥前の地に位置する小城(おぎ)は鍋島支藩七万三千石の城下町で あり、多くの社寺の集まる門前町でもありました。  明治時代の近代化によって砂糖の流通や交通機関の発達が示され、羊羹業が小城の地を 中心として盛んになりました。  明治三十二年二月村岡家は小城の地にあっ […]
Read More
アイキャッチ画像 メールマガジン

村岡総本舗だより1月号208号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆         2019年 1月号 No.208 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 平成31年己亥(つちのとい)の歳の幕あけです。 村岡総本舗は明治32年創業以来、平成31年2月で120周年を迎えます。 めでたい新年に欠かせないおせち料理の主役のひとつに黒豆があります。 黒大豆を甘く煮て供する習わしは、黒、すなわち強く生きることを象徴していると言わ れます。その思いと健康食である大豆のパワーが連なり、お節料理の定番となっています。 黒 […]
Read More